2007年10月15日

グループディスカッションの進行役とは?選考に有利になるの?

Q.グループディスカッションの進行役とは?選考に有利になるの?
A.進行役とは、その名の通りグループディスカッションで結論を導くための進行役です。有利になることが多いですが、途中から主導権を別の人に握られてしまうとマイナスになってしまうのでご注意を。

ひらめき最初に「○分で意見を出し、○分でまとめをする」などグループディスカッションの時間を区切ります。
ひらめき意見をところどころでまとめたり、人の意見を言い換えたりします。
わーい(嬉しい顔)こんな人におススメ〜
自分で意見を出すのが苦手な人


Q.グループディスカッションのタイムキーパーとは?選考に有利になるの?
A.タイムキーパーとは、限られた時間で結論を出すための時間の管理者で、残り時間や経過時間を知らせます。ただ時間を言っているだけではもちろん有利にはなりません。

ひらめき最初に決められた時間の区切りを通知します。
ひらめき時計を気にする以外は話し合いに参加しなければいけません。
わーい(嬉しい顔)こんな人におススメ〜
話し合いに白熱せず、自分の意見もいえる人


Q.グループディスカッションの書記とは?選考に有利になるの?
A.書記とは話し合いの流れや意見を書いていきます。ノートを書くばかりで発言をしないでいると有利にはなりません。

ひらめき書く際には短くまとめたり、言い換えた言葉を自分でも言いながら書き留めると参加しているように見えます。
ひらめき途中書記以外の人もノートをとることが多いですが、最後のまとめに入る際などにノートを見せる等、他の人に見せることがあるのが特徴です。
わーい(嬉しい顔)こんな人におススメ〜
読める字が書ける人で、言ったことをそのまま書かずに簡潔にまとめられる人。

Q.グループディスカッションの発表者とは?選考に有利になるの?
A.発表者とは、その名の通り発表する人です。進行役がそのまますることもあります。ただ発表するだけでは有利にはなりません。途中の議論に参加し、突然独りよがりな結論を勝手に発表してしまわないように気をつけましょう。

ひらめき発表者という役割が作られるかどうかは、グループディスカッションの参加者と選考の監督者の指示によります。
ひらめき最後のまとめ段階でうまく議論を集約し、論理的に発表が出来ればOK。
ひらめき発表者ということで常にディスカッションの中心にいることが多く、自分で発表するという思いが積極性をプラスしてくれます。
わーい(嬉しい顔)こんな人におススメ〜
意見を言うタイミングを逃しがちな人。
真剣に聞こうと思わないとディスカッションに参加できない人。


繰り返しになりますが、
グループディスカッションは全員が通過することもありますし、全員が落とされることもあります
たいていの場合は数人落とされる程度ですが、そのほとんどがあまり話さないという単純な理由です。
「大きく話す」ことを心がけて、頑張ってください!わーい(嬉しい顔)

8月分の記事を見る  7月分の記事を見る  6月分の記事を見る  5月分の記事を見る  4月分の記事を見る  3月分の記事を見る  2月分の記事を見る  1月分の記事を見る  12月分の記事を見る 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。