2008年07月18日

スポーツをやっていないけれど、体力に自信がありますか?と聞かれたらどうすればいい?

A.「体力に自信がありますか?」=「スポーツをやっていますか?」という意味ではありません。
面接官が聞きたいのは、「この人がうちの会社で働いた際に、時に忙しくても体を壊さないかどうか」です。


逆に、面接官が「スポーツをやっていますか?」と聞いた場合でも、面接官が本当に聞きたいのは「体力があるかどうか」であって、同じ趣味を共有したいと思っているからではありません。


ひらめきまず最初に、「体力には自信があります。」と一言答えましょう。

最初に一言強く答えることで、面接官は「体力に自信がある人」として認識をします。
また、ハッキリとした答えが返ってくることで、面接官は好印象を持つことが多いです。
たとえば、曖昧でやる気のない返事をする後輩より、ハキハキとした返事のいい後輩の方が可愛いと感じるのと同じですね。


ひらめき理由付けは、スポーツ以外でも構いません。

スポーツをやっていないとしても、たとえば立ち仕事のアルバイトの経験があれば、それをアピールすればいいのです。
遊び歩いていてアルバイトすらしていないという場合は、たとえば連日飲み歩いていたものの朝一の授業には参加していた、旅で世界中を回ったなどのエピソードを紹介すればいいのです。


わーい(嬉しい顔)私自身は、運動系のゆるいサークルに所属をしていたものの、大学3年生の頃にはサークルにあまり参加をしていませんでした。
ただし、アルバイトを週3〜4日入れており、土曜日は朝から晩までアルバイトを掛け持ちして働きつつ、学校の単位も落とさずにいたので、それをアピールしていました。


ちなみに、スポーツをやっている方の場合は、会話が発展する場合が多いので、素直に答えて構いません。
posted by tekketeke at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | <面接編>受かる技大公開! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103088737

この記事へのトラックバック

8月分の記事を見る  7月分の記事を見る  6月分の記事を見る  5月分の記事を見る  4月分の記事を見る  3月分の記事を見る  2月分の記事を見る  1月分の記事を見る  12月分の記事を見る 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。