2007年02月09日

電話の応対の仕方で注意しなければいけないことって?

わーい(嬉しい顔)そろそろ、面接日時やリクルータ面接の案内などが電話で来ることが多くなってきたころではないかと思います。
とりあえず何点か注意を挙げておきますので、参考にしてください^^

ひらめき出てすぐに「はい ●●と申します」「はい ●●です」と名前を言う。
大学名を入れるとさらに向こうは分かりやすいかと思います。
(「もしもし」より「はい」の方がいいのではないかと勝手に思ってます。)

ひらめきこちらからかけ直す時は、出てどこの会社か相手が言わなかった場合は、
「突然のお電話で失礼いたします。●●大学のtekketekeと申しますが、△△株式会社の人事の××様はいらっしゃいますか?」
と会社名を入れること。
電話代行サービスを利用している企業も少なくないので、急ぎのときなどは特に言ったほうがスムーズです。

ひらめき電車の中で鳴ったら、一旦出る。
とりあえず出て、電車の中にいる旨を伝えます。次の駅で降りて即座に電話をかけなおします。

ひらめき地下鉄で電波が悪くて突然切れてしまったら、相手先が非通知でなければかけなおす。非通知だったらしばし待つ。
話途中だと、相手は即座にかけ直してきます。非通知の場合だったら、次の駅や電波の良いところで電話がかかってくるのを待ちます。
電波が悪い状況に相手がいることもある程度想定されていますので、落ち着いて行動してください。

ひらめき面接の予定日を言われたら、手帳を取り出すまでまってもらう。
これは必須です。覚えたつもりはNGです。非通知の会社は非常に多いので、忘れたらそこでジ・エンドになることが多いです。毎年就職活動の掲示板では、その嘆きやヘルプの声が書き込まれていますが、それに自分がならないという保障はありません!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

8月分の記事を見る  7月分の記事を見る  6月分の記事を見る  5月分の記事を見る  4月分の記事を見る  3月分の記事を見る  2月分の記事を見る  1月分の記事を見る  12月分の記事を見る 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。