2007年02月13日

採用テストに高校数学が出るってホント?

A.本当です。SPIなどでは必須で大問一題割り当てられています。でも、場合の数・確率の分野のみです!

なので、高校数学の教科書を全てやり直す必要はありません!
基本をいくつか押さえることに重点を置くといいかと思います。

わーい(嬉しい顔)私が出会った、SPI内の問題の場合の数・確率部類で、知らないと解けない問題だなぁと感じたものは、1つだけです。

ひらめきこれが出来れば+α!
例題)〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「RECRUIT」の7文字すべてを一列に並べるとき、「I U E」が左からこの順に表れる並べ方は何通りあるか?



ヒント)並び順が決まっているものは同じ文字だとみなします。



解法)
1まず、「I U E」の文字3つを■に置き換えます。
すると、「RECRUIT」→「R■CR■■T」になりますね。

2これを並び替えて何通りになるか考えます。
7!/(3!・2!)通り。

3は■、2はRの数です。同じものを含むときの処理ですね。

3並び替えて、たとえば■C■R■Rという並びになったと考えたとき、「I U E」の順で表れるように■に文字を当てはめていきます。
■の部分へ並び順の決まっている「I U E」の入れ方は、その通りに入れればいいだけなので、1通りになりますね。

7!/(3!・2!)・1通り。

これで終わりですわーい(嬉しい顔)

こういった形式の問題は大問で出ることは少ないかと思いますが、知っておいて損はないですよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33620237

この記事へのトラックバック

みなさんのSPI・GAB・CAB(02/14)
Excerpt: このカテゴリー、好評につき『日刊』になりました。 バレンタインデーの今日も、みなさん筆記試験で大騒ぎだったようで、ご愁傷様です… それでは、紹介させていただきます。 SPI撃沈、、、 ..
Weblog: SPI2-GAB-CAB.NET
Tracked: 2007-02-14 21:40

8月分の記事を見る  7月分の記事を見る  6月分の記事を見る  5月分の記事を見る  4月分の記事を見る  3月分の記事を見る  2月分の記事を見る  1月分の記事を見る  12月分の記事を見る 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。