2007年02月18日

「数学が好きな生徒は国語が嫌いだ」問題

以前、AならB⇒BならAは間違いで例題を紹介しました。
よくあるパターンである、もうひとつの例題を紹介して、テストの裏技は一回お休みにして、ESの話題に次回は移ろうと思っています。

exclamation下の例題の難易度:★★★★☆ やや難
exclamation同形式問題の出題頻度:★★★★★ 高
SPIでよく出題される問題です。大問で出されることが多いです。
この問題は配点も高いし、コツで解くことが出来れば安心です!

例題)
T 数学が好きな生徒は、国語が嫌いだ。
U 理科が嫌いな生徒は、国語が好きだ。
V 理科が好きな生徒は、社会が嫌いだ。

例題1)確かに言えることは以下のどれか。
@数学が好きな生徒は、理科は嫌いだ。
A国語が嫌いな生徒は、社会が好きだ。
B理科が嫌いな生徒は、数学も嫌いだ。

ア. @、Aともに言える。
イ. @は言えるがAは言えない。
ウ. @は言えないがAは言える。
エ. AはいえないがBは言える。
オ. AもBも言えない。

ひらめきヒント
              __
嫌いには、数学の上に数学のように、notの意味を線を付けて表します。
        __
Tなら、数学→国語のようになりますね。
わーい(嬉しい顔)色々試しましたが、線を付けるのがやっぱり速いです。



解法)
1T〜Vを書き直してみます。
     __
T数学→国語
 __
U理科→国語
     __
V理科→社会

2それらの関係をつなげてみます。
ポイントは、AならB⇒BならAは間違いひらめきヒント2です。
否定してひっくり返すことをすれば、繋がるものといえば…Uですね。
Uをひっくり返すと、
 __
 国語→理科
になります。
    __    __
数学→国語→理科→社会

3これを見ていくと、
@は、実際は数学→理科なので、間違い。
        __ __
Aは、実際は国語→社会なので、間違い。

Bは、実際は数学→理科であり、否定してひっくり返すと言えるので、正解。

というわけで、答えはエでした。

もう一題やりたいっ!という人におまけをRead Moreに載せておきます。上の問題で、
C社会が好きな生徒は、数学が嫌いだ。
D社会が好きな生徒は、理科も好きだ。
E理科が好きな生徒は、国語は嫌いだ。

ア. C、Dともに言える。
イ. Cは言えるが、Dは言えない。
ウ. Dは言えるが、Eは言えない。
エ. CもEも言える。
オ. CもEも言えない。











回答は・・・イです!
間違えたら上のヒントをよく見直してみてください!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

8月分の記事を見る  7月分の記事を見る  6月分の記事を見る  5月分の記事を見る  4月分の記事を見る  3月分の記事を見る  2月分の記事を見る  1月分の記事を見る  12月分の記事を見る 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。