2007年02月23日

自己分析ってどうやってするの?

A.自己分析をするなら、お勧めは自分史を作ることです。

・・作り方・・
1)小学・中学・高校・・・就職と大まかに区切りを作ります。
2)区切りごとに、どんな性格だったか、取り組んだことなどを書き込みます。
3)さらに、良かった思い出と辛かった思い出を書き込みます。さらに、辛かった出来事をどのように乗り越えたかも書き込みます。
4)その思い出からどういったことを学んだのかを書き込みます。
5)学んだことから、どういったことがしたいのかを書き込んで終わりです。

書いていると下に長くなりますが、これを書いたことで頭の中が整理され、咄嗟の質問などにもすぐに回答することができます。
わーい(嬉しい顔)実際、私はこの自分史を作ったことで、面接で多少突っ込まれたとしても全く動じずに応対することができました!

全ての行動には理由があるという概念で、書き出してみてください。
面接では「なぜ、その専攻分野に進もうと思ったのか?」と言った高校時代の話にまで話題が飛ぶこともあったので、丁寧に書き出す必要があります。

○○があった
  ↓↓
だから××をしようと思った
と論理立てて言えるようにしておくことが大事です。「なんとなく」は理由ではありません。


自己分析は一度やって終わりではなく、機会があれば何度でも自分と向き合ってみて下さい。
それが、後悔しない秘訣です。
posted by tekketeke at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | <準備編>自己分析の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

8月分の記事を見る  7月分の記事を見る  6月分の記事を見る  5月分の記事を見る  4月分の記事を見る  3月分の記事を見る  2月分の記事を見る  1月分の記事を見る  12月分の記事を見る 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。