2008年03月04日

業界研究は必要?

A. 業界研究は必要です。
仕事を探すという自己分析という意味もありますが、面接時の質問に答えるために必要とされることが多いからです。


たとえば、Bさんが銀行業界を志望している場合・・・
・「なぜこの業界を志望したのか」 =金融
・「なぜこの業種を志望したのか」 =銀行
・「なぜこの会社を志望したのか」 =○○銀行
・「なぜこの職種を志望したのか」 =××職
の順で答えていかなければならない場合がほとんどです。
そのため、志望度合いについて突っ込まれた質問をされた時に答えに詰まったことがある場合、一度業界研究から見直してみることも大切です。


ひらめき1ポイントアドバイス
オリジナルの答えを業界研究で考えよう!
また、業界研究をすることで業界同士のつながりを知ることができ、質問に対して自分なりの答え方を見つけることも出来ます。

たとえば、CさんとDさんが「会社の売り上げを伸ばすためにはどうしたらよいか?」という質問に対し、以下のように答えました。
Cさん:「私は顧客第一に考えて行動することが大切だと考えます。」
Dさん:「今後○○があの業界で活発になるので、コラボ企画をたちあげて××の機能を持った新商品を打ち出してみると良いのではないかと考えます。」

さて、どちらのほうが会社にとって採用したいと思わせることができるでしょうか?
たいていの人は受ける会社のことだけ視点に置いている場合が多いので、他の人と違うと思わせるには違った視点が必要になってきます。
わーい(嬉しい顔)関連性がないと思われる業界もざっと見ておくと面白い答えを作りやすいですよ。

原点をしっかりしておくと、後々の就職活動も楽になります。
ぜひ、業界研究をもう一度試してみてください!

次回は、業界研究とはどのようにすればいい?について、参考になるサイト一覧を掲載します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88028091

この記事へのトラックバック

8月分の記事を見る  7月分の記事を見る  6月分の記事を見る  5月分の記事を見る  4月分の記事を見る  3月分の記事を見る  2月分の記事を見る  1月分の記事を見る  12月分の記事を見る 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。