2009年04月08日

教育実習中に就職活動中の会社から電話がかかってきたらどうすればいい?

A.その場では出ず、留守電設定をしておき、折り返し電話する。

以前、教育実習期間中も就職活動をしてもいい?教育実習期間中は就職活動はどうすればよい?でご紹介していたとおり、教育実習中は就職活動中であることを隠さなければいけません。
そのため、絶対に教育実習先にばれるような場所で電話を受けてはいけません
たとえば、学校の中、学校のトイレ、学校の生徒がいる前などですね。

ひらめき1ポイントアドバイス
平日午前〜昼間に電話を受けたのであれば、その日の夜に。
平日夜に電話を受けたのであれば、できればその日の夜に。
(相手が帰社しているのであれば電話に出ないことは自明なので、できればその日のうちに電話を返しましょう。次の日の夜まで相手は待ってくれない可能性があります。)

わーい(嬉しい顔)とはいえ、返事が遅くなることは確かなので、会社側にとって印象の良いものではありません。

教育実習中に就職活動をすることは、自分にとっても会社側にとっても難しいことだということですね。

2008年04月13日

業界研究とはどのようにすればいい?業界研究役立ちサイト一覧

A.私自身が使ったのは本とOB訪問ですが、インターネット上にも業界についてまとめられたサイトが多くありますので、参考までにご紹介します。


*無料で見れるサイト一覧*

1.リクナビ2009>業界・仕事ガイド
http://rikunabi2009.yahoo.co.jp/CNT/SUKI/index.html
好きなものでカテゴリを絞り、そこから関係する業界を連想図と説明で紹介!

2.就活を応援![en]学生の就職情報2009より 就職Cafe>マンガではじめる「プロの仕事研究」
http://gakusei.enjapan.com/2009/cafe/manga
業界の仕事スタイルややりがいを、気軽にマンガで読む!


3.ネオキャリア就職ナビ2009より ホーム>就活BOOK>一目瞭然 業界研究

http://www.neo-navi.com/2009/indus/
時代の流れを的確に捉えた簡潔な説明&図。


4.就活を応援![en]学生の就職情報2009より 就職Cafe>ひと目でわかる!業界研究

http://gakusei.enjapan.com/2009/cafe/gyoukai_top
大きな業界と細かい業界まで簡潔に説明&業界用語も解説!


わーい(嬉しい顔)関係のない業界も見ることで、自分はこの業界にはやはり合っていないなどと意識確認も出来ます。
実際、面接中に受けている業界の志望理由として述べたはずなのに、「今の理由だと別の○○業界でも良いように感じますが、それでもうちを志望しているのでしょうか?」と聞かれてしまうこともあります。
なぜその業界を志望しなかったのかまで考えておくとスムーズに答えることが出来ますよ。

2008年03月04日

業界研究は必要?

A. 業界研究は必要です。
仕事を探すという自己分析という意味もありますが、面接時の質問に答えるために必要とされることが多いからです。


たとえば、Bさんが銀行業界を志望している場合・・・
・「なぜこの業界を志望したのか」 =金融
・「なぜこの業種を志望したのか」 =銀行
・「なぜこの会社を志望したのか」 =○○銀行
・「なぜこの職種を志望したのか」 =××職
の順で答えていかなければならない場合がほとんどです。
そのため、志望度合いについて突っ込まれた質問をされた時に答えに詰まったことがある場合、一度業界研究から見直してみることも大切です。


ひらめき1ポイントアドバイス
オリジナルの答えを業界研究で考えよう!
また、業界研究をすることで業界同士のつながりを知ることができ、質問に対して自分なりの答え方を見つけることも出来ます。

たとえば、CさんとDさんが「会社の売り上げを伸ばすためにはどうしたらよいか?」という質問に対し、以下のように答えました。
Cさん:「私は顧客第一に考えて行動することが大切だと考えます。」
Dさん:「今後○○があの業界で活発になるので、コラボ企画をたちあげて××の機能を持った新商品を打ち出してみると良いのではないかと考えます。」

さて、どちらのほうが会社にとって採用したいと思わせることができるでしょうか?
たいていの人は受ける会社のことだけ視点に置いている場合が多いので、他の人と違うと思わせるには違った視点が必要になってきます。
わーい(嬉しい顔)関連性がないと思われる業界もざっと見ておくと面白い答えを作りやすいですよ。

原点をしっかりしておくと、後々の就職活動も楽になります。
ぜひ、業界研究をもう一度試してみてください!

次回は、業界研究とはどのようにすればいい?について、参考になるサイト一覧を掲載します。

2007年12月05日

合同企業説明会のメリット・デメリットは?

合同企業説明会のメリット

メリット1.面接官と顔見知りになれる
面接官が1〜2人しかいないような企業で、話を聞いている学生が少数なら、面接官と顔見知りになる可能性が高いです。その後の面接を優位に進めていくことが出来ます。


メリット2.2〜3社の企業を簡単に回ることができる
就職活動中は何かと移動が多く、交通費がバカになりません。
歩いていける距離でいくつかの企業の話を聞いたり、パンフレットをもらうことができるので、聞きたい企業が2社以上あり、説明会の予約を入れていないなら行く価値はあります。

メリット3.質問の練習場になる
説明会は、とにかく質問の練習場所だと考えてください。
面接では答えにくい質問や、いくつか質問を聞かれることもあり、質問を思いつく癖をつけておくことが重要です。
特に合同企業説明会では質問を受ける人がメモをとっていなければ、全く記録に残っていないので、馬鹿な質問をしても問題なしという理想的な状況です。

わーい(嬉しい顔)実際、私は説明会で最低でも質問を1〜2個するようにしていました。
すると人事が顔を覚えてくれたケースも多く、その後の選考をスムーズに進めることができた企業がいくつもあります。
また、質問することに慣れ、面接で「質問はないか?」と10回くらい連続で聞かれたときにも対処することができました。
馬鹿な質問だと思っても、とりあえず質問をする癖をつけることから、就職活動の第一歩を始めてみてください。


合同企業説明会のデメリット
デメリット1.せいぜい3〜5社しか説明がきけない
合同企業説明会には、多くの企業が参加するので、ついつい全ての企業の説明を聞くことができるお得な場所だと考えがちです。
しかし、実際には説明時間や人ごみを考えると、3〜5社しか説明を聞けません。

さらに、人気のある企業は決まっているので、人ごみを避けると人気のない企業につかまることもしばしば。
やはり、2〜3社興味がある程度ある会社に目星をつけて、合同企業説明会に臨むことをおススメします。

2.パンフレット並みの情報しか手に入らない
会社独自の説明会では、実際の社員の方との座談会が設けられていたりするなど、貴重な情報を得ることができます。
一方、合同企業説明会では会社独自の説明会に比べて非常に短時間で簡潔な説明をしなければならないので、どうしても情報は表面的なものになってしまいます。


exclamationワンポイント アドバイスまとめ
・質問をする癖をつけるためには最適!
・興味のある企業が2社以上あるかどうかチェック!


コメント・質問等あれば気軽にどうぞ!

2007年11月04日

合同企業説明会には出るべき?

Q.合同企業説明会に自分の志望する企業が参加するけれど、参加しないとダメ?

A.会社独自の説明会があるので、参加しなくて大丈夫です。
選考の一環で説明会への参加が必須の企業の場合は、合同企業説明会で「それでは実際の選考は、まず当社が開催する説明会にお越し頂き、テストを受けてください。」などとなってしまいます。


Q.合同企業説明会にまで参加した方が自分の意欲が伝わって、就職活動に有利になったりする?

A.残念ながら有利になりません。
合同企業説明会に参加して、名簿に名前を書くようなことがなければ、参加したことは会社側に通じません。
また、面接官の多くは、合同説明会・会社独自の説明会のどちらに関わらず、「説明会」に参加したかどうかを知らずに面接を行います。

わーい(嬉しい顔)実際、私自身は「説明会」に一度も参加せずに選考を続けた企業があります。
面接時で説明会について触れられるかと不安でしたが、そんなことは全くありませんでした。また、面接官は説明会への参加の有無を知りませんでした。

ひらめき1ポイントアドバイス
アピールは直接言うべし!
ずっと以前から興味を持っていたことをアピールするには、面接で直接言わなければ伝わりません。
・インターンシップの面接を受けた
・合同企業説明会にも行った
・講演会を聞きに行った
などの経験をアピールするなら、面接で直接言いましょう。
面接官が見る資料は、大抵エントリーシートと履歴書のみで、説明会への参加の可否まで知りません。

exclamation注意
ただし、説明会に行く必要が全くないというわけではありません。
説明会で応募書類が配布されたり、テストが実施されたりと、選考の一環である場合もあります
ペン 選考の流れをよくチェックしておくことが大切ですね。(リクナビやマイナビの「選考の流れ」、採用ホームページなどでチェックできますよ。)


次回は、合同企業説明会のメリット・デメリットなどの特徴を紹介する予定です。
コメント等あれば気軽にどうぞ!

2006年12月11日

就職サイト、どこがいい?

ふらふら「あまり登録しすぎない」のが第一。基本は一社に絞って、行きたい・興味のある会社が別の就職サイトにしかない場合に、増やす程度に。
私はメインで「リクナビ」、もう1つはインターン検索や自己分析用に「enジャパン」、面接後の結果通知に「みんなの就職掲示板」の3つでやり切りました。
exclamation×2は必ず登録しましょう。

インターンの検索ならココが一番!

「enジャパン」
期間ごとに検索できるのが◎。

exclamation×2プレエントリーから企業検索まで!

「リクナビ」
「毎日就職ナビ」
どちらでも。でも必ずどちらかは登録しましょう。
結局大手は自社HPで独自の採用HPを持っているので、そちらでのやりとりになります。

exclamation×2合否結果の判別にコレ!

「みんなの就職掲示板」
合格した人にだけ連絡・・・となると、いつまで待っていいのか分からない所。そんな時にはここで合格書き込みがないかどうか、確認すると安心です。
去年の面接までの一通りの流れ(プレエントリー、一時面接、二次面接、最終面接、合否の記録)が月ごとにボーダーグラフに残っているので、それも参考になります。

面接対策講座やグループディスカッションの練習をしたい方にはコレ!
DO-CAMPUS
首都圏でしかやっていませんが、無料の講座もあります。
一度参加したことがありますが、大学の講座と違って幅の広い視野から見た見解が多いので、参考になりました。

8月分の記事を見る  7月分の記事を見る  6月分の記事を見る  5月分の記事を見る  4月分の記事を見る  3月分の記事を見る  2月分の記事を見る  1月分の記事を見る  12月分の記事を見る 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。