2007年02月18日

「数学が好きな生徒は国語が嫌いだ」問題

以前、AならB⇒BならAは間違いで例題を紹介しました。
よくあるパターンである、もうひとつの例題を紹介して、テストの裏技は一回お休みにして、ESの話題に次回は移ろうと思っています。

exclamation下の例題の難易度:★★★★☆ やや難
exclamation同形式問題の出題頻度:★★★★★ 高
SPIでよく出題される問題です。大問で出されることが多いです。
この問題は配点も高いし、コツで解くことが出来れば安心です!

例題)
T 数学が好きな生徒は、国語が嫌いだ。
U 理科が嫌いな生徒は、国語が好きだ。
V 理科が好きな生徒は、社会が嫌いだ。

例題1)確かに言えることは以下のどれか。
@数学が好きな生徒は、理科は嫌いだ。
A国語が嫌いな生徒は、社会が好きだ。
B理科が嫌いな生徒は、数学も嫌いだ。

ア. @、Aともに言える。
イ. @は言えるがAは言えない。
ウ. @は言えないがAは言える。
エ. AはいえないがBは言える。
オ. AもBも言えない。

ひらめきヒント
              __
嫌いには、数学の上に数学のように、notの意味を線を付けて表します。
        __
Tなら、数学→国語のようになりますね。
わーい(嬉しい顔)色々試しましたが、線を付けるのがやっぱり速いです。



解法)
1T〜Vを書き直してみます。
     __
T数学→国語
 __
U理科→国語
     __
V理科→社会

2それらの関係をつなげてみます。
ポイントは、AならB⇒BならAは間違いひらめきヒント2です。
否定してひっくり返すことをすれば、繋がるものといえば…Uですね。
Uをひっくり返すと、
 __
 国語→理科
になります。
    __    __
数学→国語→理科→社会

3これを見ていくと、
@は、実際は数学→理科なので、間違い。
        __ __
Aは、実際は国語→社会なので、間違い。

Bは、実際は数学→理科であり、否定してひっくり返すと言えるので、正解。

というわけで、答えはエでした。

もう一題やりたいっ!という人におまけをRead Moreに載せておきます。Read More

2007年02月17日

動滑車・定滑車問題のコツ

裏技というわけではありませんが、コツを紹介。

kassha2.bmp
(例題)
右図のように、動滑車2個と定滑車1個を組み合わせたものがある。バランスが取れているときのFの値はいくらか。重りの重さは120kgとする。また、滑車1個の重さは2kgで、綱の重さや摩擦は無視できるものとする。

ア)31.5kg イ)32kg ウ)32.5kg エ)33kg オ)33.5kg





ひらめき動滑車定滑車のキホン
動滑車の場合>
kassha4.bmp
  重りを、二人で持つことと一緒。







定滑車の場合>
kassha7.bmp
  重りを、一人で持つことと一緒。







イメージとしてはこんな感じですね。
2人でも持てば、力は2分の1。
1人でも持てば、力はそのまま。

というわけです。

<解法>
なので、重りのある一番左から順に見ていくと、動滑車なので、
kassha3.bmp
このとき、2人で持つ重さは
  120 + 2 = 122 kg
で、1人が負担する重さは
  122 ÷ 2 = 61 kg
ということになります。

これを隣の滑車も動滑車なので、同じように計算して・・・
  61 + 2 = 63 kg
で、1人が負担する重さは
  63 ÷ 2 = 31.5 kg
ということになります。

最後は定滑車なので、重さはそのまま。
さらに滑車の重さ2kgは天井が支えてくれていますから、力は加わりません。

ということで、答えは ア)31.5 kg ということになります。

2007年02月15日

採用テストで分からない問題を適当に書いてもいい?

A.適当に番号を選ぶことをモンキー回答と言うらしいですが、全く気にしないで勘で解いて構わないそうです。

私が就職セミナーで話を伺った人が、実際の人事の人に聞いたら「そもそも誤謬率は見ていないです」と聞いたと仰っていました。
わーい(嬉しい顔)私自身、筆記のテストならモンキー回答はしていましたが、全く問題なかったです。


が、どんどんモンキー回答しているとまずい採用テストがあります。
それが、Webテスト。(企業別のWebテストは未確認ですが、少なくともテストセンターで受けるテストはそうです。)
テストセンターで受けるテストは、その問題に解答した答えが正解か不正解かで次に表示される問題の難易度が変わるからです。

わーい(嬉しい顔)私自身が見た難易度の違いが出ると実感したのが、
「数学の点数が80点以上の人」「英語の点数が80点以上の人」など丸い円を書いて考えるような問題ですね。
難易度が上がると、この円を3つ書かないと解けない問題が出てきました。

なので、モンキー回答で適当に最後までクリックしてから問題を解きなおして全て正解したとしても、偏差値はそこまで高くならないのです。

exclamationテストセンターとは?
SPIテストを企業ごとに受けるのは大変!というわけで、一回受けたテストの結果を送信するという仕組み。
テストセンターを採用している企業1つにつき1回テストを受けることができます。なので採用企業数分だけ受験するチャンスがあるわけですが、結果はすべて上書きされていくので、受けるべきか受けないべきか迷ったりしますね。

Q.テストセンターの服装は自由ってホント?
A.本当です。テストセンターにいる人たちは、企業とは全く関係ない人たちなので、もちろん服装チェックも何もありません。
わーい(嬉しい顔)私自身、Gパンを履いて久々に楽な格好で受験しました。問題なしでした。

Q.テストセンターの同じ結果を送って、通った企業と落ちた企業があって不思議だけど、本当に結果は使われているの?
A.もちろん使われています。
通らなかった理由は、
・企業を受けている人たちの平均が高い場合
・エントリーシートと合わせての評価で採用基準に満たなかった場合

大体二つ目が理由になりやすいです。エントリーシートは重要ですね。

AならB⇒BならAは間違い

わーい(嬉しい顔)数学の例題(余事象関連)をもう一問出す予定ですが、丁度この問題を聞かれる機会があったので、先にこっちを紹介します。
これは高校数学の範囲だと命題に当たる範囲ですが、実際は高校数学だと思って解かれないですね。言葉遊びのようなものです。


exclamation下の例題の難易度:★★★☆☆ 普通
exclamation同形式問題の出題頻度:★★★★★ 高
SPIでよく出題される問題です。大問で出されることが多いです。

例題)〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
次の@〜Bまで3つの命題が成立するとき、A〜Eで確実に正しいといえないのはどれか。

@社交的な人は協調性がある。
A明朗な人は社交的である。
B社交的な人は友達が多い。

A.協調性がない人は、社交的ではない。
B.社交的でない人は、明朗ではない。
C.友達が多くない人は、社交的ではない。
D.明朗な人は、協調性がある。
E.社交的な人は、明朗である。


ひらめきヒント1
同じ言葉同士を矢印で結び、定義のスタート地点からどのような流れになっているかを把握します。
(例)
@       社交的な人は協調性がある。
         
A明朗な人は社交的である。


ひらめきヒント2

「AならばB」 これと同じことを示すのは・・・

「BでないならばAでない。」だけ!
否定してひっくり返したものですね。

ただひっくりかえしただけの「BならばA」
ただ否定しただけの「AでないならBでない」
は両方とも間違いです。


解法)
1まず、ヒント1に沿って定義の流れを明確にすると・・
  「明朗→社交的な人→協調性・友達多い」
という流れになります。

2次に、A〜Eを次のように簡略化して考えてみます。(実際は書き直さないです。)

A.×協調性→×社交的
B.×社交的→×明朗
C.×友達多い→×社交的
D.明朗→協調性
E.社交的→明朗

3ヒント2に沿って、
・定義の流れの→の向きに逆らっているものは、否定してひっくり返していなければNG.

ここだと、Eの社交的→明朗が実際の定義の流れの→の向きに逆らっているものの、否定されていないので、これは確実に正しいとは言えません。

というわけで、答えはEでした。

他でやすい類題は、「理科が好きな人は社会も好きである」といった表現のものですね。コツさえ知っておけばこわいものはありません!
言葉遊びだと思って楽しんで解いてみてくださいわーい(嬉しい顔)

2007年02月13日

採用テストに高校数学が出るってホント?

A.本当です。SPIなどでは必須で大問一題割り当てられています。でも、場合の数・確率の分野のみです!

なので、高校数学の教科書を全てやり直す必要はありません!
基本をいくつか押さえることに重点を置くといいかと思います。

わーい(嬉しい顔)私が出会った、SPI内の問題の場合の数・確率部類で、知らないと解けない問題だなぁと感じたものは、1つだけです。

ひらめきこれが出来れば+α!
例題)〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「RECRUIT」の7文字すべてを一列に並べるとき、「I U E」が左からこの順に表れる並べ方は何通りあるか?



ヒント)並び順が決まっているものは同じ文字だとみなします。



解法)
1まず、「I U E」の文字3つを■に置き換えます。
すると、「RECRUIT」→「R■CR■■T」になりますね。

2これを並び替えて何通りになるか考えます。
7!/(3!・2!)通り。

3は■、2はRの数です。同じものを含むときの処理ですね。

3並び替えて、たとえば■C■R■Rという並びになったと考えたとき、「I U E」の順で表れるように■に文字を当てはめていきます。
■の部分へ並び順の決まっている「I U E」の入れ方は、その通りに入れればいいだけなので、1通りになりますね。

7!/(3!・2!)・1通り。

これで終わりですわーい(嬉しい顔)

こういった形式の問題は大問で出ることは少ないかと思いますが、知っておいて損はないですよ。

採用テストで一番多く受けるのは?

A.SPI2、および性格診断テストです。

わーい(嬉しい顔)私自身は、一般常識にやや疎いところがあった他、SE系を受験したのでGAB・CABのテストも受験させられる可能性があり、不安でした。
が、蓋を開けてみれば、GAB・CABは二度受験したものの、一般常識テストは一度も受けさせられませんでした!
圧倒的にSPIテストの数が多かったです。

ひらめき知識は社会人に劣ってもともと。企業が見極めたいのは、覚えられる・考えられる能力があるか
これを見極めるのに最適なのが、SPI2だったわけですね。


性格テストは、
「一度も嘘をついたことがない」
といった最大級の嘘問題に「はい」と答えたりしない注意は必要ですね。



*予告*
近日中に、テストの種類を紹介したり、テストの問題の解き方など解説したりする予定です。テストの解き方の裏技も紹介していきます

8月分の記事を見る  7月分の記事を見る  6月分の記事を見る  5月分の記事を見る  4月分の記事を見る  3月分の記事を見る  2月分の記事を見る  1月分の記事を見る  12月分の記事を見る 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。